PR

スマスロで朝一おすすめの機種!恩恵がある狙い目の台は?

パチンコパチスロ

パチスロも6号機から6.5号機に移り変わり、メダルを使わないスマスロが登場し始めました。

最初こそどうなるか心配されていたスマスロですが、慣れてしまうとメダルをいちいち入れなくて済む事もあり、稼働状況は悪くない状況です。

最初はヴァルヴレイブから始まり、今では多数のスマスロが登場しましたが、気になるのは朝一に恩恵があるかどうかです。

これまで朝一リセット(設定変更)されていると、何かしらの恩恵を受けれる機種が多かったのですが、スマスロでも同じような機種はあるのでしょうか?

今回は、スマスロで打つなら朝一おすすめの機種、その恩恵について紹介していきます。

スマスロで朝一おすすめの台は?

スマスロといっても機種によって特徴があります。

朝一恩恵に期待できない機種もありますが、ここではおすすめの機種をピックアップしてみました。

また、ホールによっては朝一リセットをしていない場合もあるので、事前にサイトセブンなどで台のデータを調査しておくのがポイントとなります。

朝一に宵越し天井っぽいゲーム数で当たっている台が多いと据え置き傾向で、逆に朝一から天井ゲーム数がリセットっぽいゲーム数なら設定変更している傾向、などのような判断が出来ます。

>>サイトセブン公式サイト

逆にリセットしていないと判断できれば、宵越し狙いなども可能なので出玉情報サービスでホールの癖を知ることは意外と重要となります。

詳細:パチンコやパチスロの台データが見れるアプリ一覧

それでは、おすすめの台をご紹介します。

スマスロ北斗の拳

北斗の拳は2023年4月3日に導入されたスマスロで、メーカーはもちろんサミー。

これまでも様々なシリーズが登場しましたが、スマスロ北斗の拳は初代を忠実に再現した台となっています。

20年ほど前の4号機時代に初代を打っていた人にとっては、たまらない台となっています。

おそらく今後のスマスロ時代においても、長く大事に使われる台となるでしょう。

北斗の拳の朝一恩恵は、設定変更で天井が短縮される事です。

通常は1268Gが天井なのですが、設定変更後は800Gまで短縮。

実に1/3以上の468Gも短縮される事になり、腰を据えて打つつもりなら朝一から打つのがおススメです。

北斗の拳の高確率ステージといえばジャギステージが定番です。

しかし朝一は内部モードに関係なくシン、サウザー、ジャギのステージが均等に振り分けられているのです。

よって、見た目だけで内部モードが判別できず「朝一のジャギステージ=チャンス」という訳ではありません。

ただし初代でもそうだったように、高設定ほど良いモードに行きやすいので、設定変更で朝一天国モード=高設定の可能性がUPという事になります。

朝一リセット恩恵:最大天井が800G、天国モードの可能性がある

ぱちスロ乃木坂46

人気の高いアイドルのスマスロということで、熱狂的なファンが良く打っている乃木坂46。

2023年8月7日に導入されたスマスロで、パチンコと同じく享楽から登場。

通常、天井は999ゲームとやや深めですが、設定変更後は50%の確率で天井が333ゲームに短縮されます。

(正確には333ゲームで1/2のAT直撃の抽選がされている)

ただ、通常時も333ゲームが仮天井のような形になっており、AT抽選はされています。

しかし、50%という破格の確率で当選するのは、朝一リセット後のみとなっています。

朝一リセット恩恵:1/2で最大天井が333G

にゃんこ大戦争

享楽のスマスロ第一弾が、なんとあの有名なスマホゲームのにゃんこ大戦争。

良くCMでも流れており、一度くらいは見たり聞いたりした事がある人も多いでしょう。

そんなにゃんこ大戦争とコラボした機種ですが、作品をあまり詳しく知らずに打った人間としては、驚くかもしれません。

「これ完全にミリオンゴッドと北斗の拳のオマージュ?」と言いたくなる台です。

基本は1/8192で成立するPGGならぬPBG待ちの台といった感じです。

ちなみにこの台も設定Lがあり、下パネルが消灯している台は打たないようにしましょう。

そんな波が荒いにゃんこ大戦争の朝一恩恵は、天井が378ゲーム短縮されます。

ただ、元々の天井が1500ゲームと深くなっているので、朝一の恩恵で短縮されても1122ゲームが天井です。

一応、設定変更されているだけで期待値は100%超えという話もありますが、はっきり言って微妙です。

期待値は「PBG」にかなり割を持っていかれているので、過度の期待はしない方が良いかもしれません。

朝一リセット恩恵:最大天井が1122G

バイオハザード ヴェンデッタ

2021年、2022年に導入された「バイオハザードRE:2」や「バイオハザード7 レジデントイービル」のメーカーはアデリオン。

なのでメーカーが変わっています。ちなみに最初のバイオは山佐でしたが、スマスロはサミーから登場。

最大天井はバイオを文字って810ゲームとなっていますが、モード別に天井が異なっています。

基本的に天国・超天国は128ゲーム、モードDは310ゲーム、モードCは610ゲーム、モードBは710ゲーム、モードAが810ゲームとなっています。

基本は天井810ゲームのモードAなのですが、設定変更後は610ゲームが天井のモードC以上が濃厚。

もちろんモードC「以上」なので、310ゲームや128ゲームが天井の可能性もあります。

しかし、多くはモードCが選択されるので、基本は610ゲーム天井と覚えておいた方がいいでしょう。

ちなみに、前兆ゲーム数を含めて650ゲーム以上になっても天井に到達しない場合は、ほぼ据え置きです。

朝一リセット恩恵:モードC濃厚

防空少女ラブキューレ2極限の共鳴

2023年8月7日に導入されたスマスロで、コナミアミューズメントから登場。

本機には特殊ARTがいくつか用意されており、とにかく大量獲得を売りにしている天国か地獄みたいな台です。

その中でも最大の売りとなっているのが、突入した時点で期待獲得枚数約2700枚のスペシャルART「ソニックモード」です。

もちろんリターンが大きい分、なかなか入らないモードなのですが、その突入契機の1つに「朝一1回目のボーナスがBIGならソニックモード突入のチャンス」というものがあります。

実際に打った人の感想を見てみても、「朝一数回転でBIGからソニックモードに入って完走」という声がいくつかありました。

確定的な恩恵ではありませんが、当たった時のリターンはかなり大きいので、ギャンブルしたい人にはおすすめの朝一恩恵です。

但し、積極的に狙うような恩恵ではないので、期待しない方がいいでしょう。

朝一リセット恩恵:朝一BIGがソニックモード優遇の可能性

マジカルハロウィン8

マジカルハロウィン8(マジハロ8)は、5号機時代より人気の高かった定番ともいえる機種がスマスロになりました。

朝一の恩恵は「詠唱チャレンジ」というチャンスゾーンからスタートするという恩恵となっています。

6択のリプレイの押し順を見事当てることが出来ればARTへ突入となります。また、6択リプレイがこない場合でもART確定です。

設定変更の判別方法としては、リールガックンによる判別が可能です。

しかし、対策しているホールも多いので、見極めが重要となります。

ホールの癖を知っておかないと通用しないので、基本初めてのホールなどでは宵越し天井を狙うような台を狙うことをおすすめします。

朝一リセット恩恵:最大天井が600G、詠唱チャレンジ(CZ)

主役は銭形4

銭形などルパンシリーズでパチンコ、パチスロといえばお馴染みの平和やオリンピアでしょう。

オリンピア(HEIWA)からのスマスロは第2段となります。

主役は銭形3には設定Lが搭載されていましたが、本機に設定Lは未搭載です。

本機の天井は999ゲーム消化or1399ガッツ到達となっています。

ガッツというのは基本1ゲームに1ガッツ加算されていき、規定ガッツに到達するとAT当選という流れです。

ガッツを一気に貯める特化ゾーンなどもあるため、実際は999ゲームまでに1399ガッツ到達する事も多いです。

そんな本機の朝一恩恵は、天井ガッツが899まで短縮されるというもの。

500ガッツも短縮されるので、かなりお得となっています。

「チャンスゾーンに当選」ではなく「AT当選」というのも嬉しいところです。

朝一リセット恩恵:ガッツが899に短縮

ベルセルク無双

2023年6月5日に導入のスマスロで、EXCITEから登場した機種。

パチスロで花の慶次シリーズを出しているニューギンの台です。

設定変更後はべヘリットモードの移行抽選もありますが、なによりも「穢れ」の初期ポイント抽選が恩恵のメインです。

穢れポイントが100まで貯まるとガッツAT当選時に無双狂鳴(AT引き戻しゾーン)が獲得できます。

初期ポイントの振り分けは4パターンあり、0pt、30pt、60pt、90ptとなっており、振り分けが一番多いのはなんと90ptの約40%。

朝一ガッツAT突入すれば、無双狂鳴の大チャンスとなっています。

(主役は銭形4のガッツとは意味が違います)

スマスロからくりサーカス

SANKYOから登場したスマスロですが、朝一はそこまでおすすめ出来る機種ではありませんのでご注意ください。

からくりサーカスは設定変更された場合、モードC移行が優遇されています。

モードCはモードAと同じテーブルですが、ゲーム数で当選した場合はAT直撃確定。

ですがあくまで「優遇」であり、確定では無いのでそこは注意が必要です。

通常AとCは「偶数のゾーン(200,400,600)がチャンス」となっており、朝一モードCの直撃が期待できる200Gのゾーンを狙うのもあり。

(この場合モードAのゾーン狙いも同時に出来る)

ただ、チャンスゾーンといっても15%程度なので、過度の期待は禁物です。

200G台のゾーンだけを狙うために、朝一0回転から打つのはあまりおすすめしません。

よって、設定変更がされている状況下で、ある程度回転数が回っている台をハイエナする、という攻め方がおすすめです。

また、この機種は「設定L」が搭載されています。

設定Lがなんなのかザックリ説明すると、検定試験を通すために作られた設定。

特徴として機械割が異常に低く、断トツで勝てないので触ってはいけない設定となってます。

普通は使われる事のない設定ですが、悪徳ホールなど稀に使われる事もあるので注意しましょう。

見分け方は簡単で、からくりサーカスの場合は下パネルが高速点滅している台が設定Lです。

朝一設定Lを見つけた時は、そのホールから速やかに去る事をおススメします。

朝一リセット恩恵:モードC移行優遇

戦国BASARA GIGA

戦国BASARA GIGAは、10年以上前からBASARAシリーズのスロットを何台も出しているエンターライズのスマスロ。

スマスロのバサラでは、ゲーム消化ごとに「歩」が加算されて行き、最大999歩で天井となる仕組みが採用されています。

ですが、設定変更後は通常Cや天国モードへ移行しやすくなっています。

通常Cは549歩、天国は149歩なので、早めのチャンスゾーンやATに期待できます。

ただしあくまで「移行しやすい」だけであり、確定ではありません。

また、AT確定ではなく、当選するのはチャンスゾーンがメインとなっています。

スロットソードアート・オンライン

スロットのソードアート・オンラインは、吉宗や番長でお馴染み「大都技研」から登場。

通称「SAO」には設定変更した際、4つの恩恵があります。

設定変更専用のチャンスゾーンテーブルや、高確以降レベルシナリオの振り分けなどがあります。

しかし、特に注目したいのは天井ゲーム数の短縮、エピソードボーナス当選率の優遇です。

通常はチャンスゾーン間、400ゲームで天井となります。

設定変更後はそこからさらに短縮抽選が行われるため、400ゲームより早く天井に到達します。

そしてもう1つのエピックボーナスについて、こちらは朝一のボーナス直撃時、エピックボーナスに当選する確率が25%となります。

設定6は通常時でも25%あるのですが、低設定だと一桁台の数字になっているので、低設定ほど恩恵を受けれるようになっています。

(設定1の通常時エピックボーナスは直撃の6.3%)

バキ

2022年11月21日に導入されたスマスロで、初めてスマスロが登場した頃の機種です。

バキはオリンピアのスマスロ第一弾でもあり、正直まだ手探り状況だった頃の台です。

バキの朝一恩恵としては「設定変更モード」というものが搭載されています。

天井の深さは600ゲームとなっていますが、100ゲームのゾーンまでに50%。300ゲームまでに約76%チャンスゾーンに当選します。

また、設定変更モード後は66%以上が天国モードへ移行するため、連チャンにも期待できます。

注意する点は「AT確定」ではなく「チャンスゾーン確定」というところ。

チャンスゾーンを突破できなければ連チャンしてるのに投資がかさむ、最悪の展開になってしまいます。

チャンスゾーン止まりなので、このモード移行率が実現できているのです。

この他にも、朝一は「エンドルフィンポイント」(不利な事があった時に溜まるポイント)の初期抽選も行われています。

ここで大量のポイント(最大90ポイント)をゲットできればMAX100ptも近くなり、ストック×20個獲得のチャンスがあるスペシャルチャンスゾーンへの突入にも期待できます。

HEY!エリートサラリーマン鏡

ヴヴヴや刃牙に続いて古いスマスロです。メーカーはパオン・ディーピーです。

あまり聞いたことがないメーカーかもしれませんが、大都技研の台と思ってもらってもかまいません。

(大都技研のパートナー企業で、社長も同じなので)

設定L搭載機で、この台もスマスロ初期の台らしく、設定変更の恩恵は分かりやすい機種。

リセット後、約2/3がチャンスモードか天国モードへ移行します。

チャンスモードは269G、天国モードは99Gが天井となっているので、

朝一設定変更後は66%が300ゲーム以内に当選します。

通常の天井は最大999ゲームなので、確定ではないものの狙う価値はありそうです。

ゲーム性なども面白いので、おすすめの機種です。

ゴブリンスレイヤー

2023年4月17日に導入されたスマスロで、メーカーはオレンジとなっています。

「オレンジってなんだ?」と思う人も多いと思いますが、オレンジは藤商事と認識していただいて問題ありません。

公式サイトにも「藤商事スマスロ第一弾」と書かれています。

ゴブリンスレイヤーはスマスロの中でも、特に波が荒いことで有名です。

大爆発させるにはとりあえず1/8192を引くところがスタート地点。

打った人の感想を見ても、阿鼻叫喚の嵐となっています。

そんなゴブスレの朝一恩恵はそれほどなく、スイカカウンターが3に到達した際、チャンスゾーンに当選しやすいというものです。

設定1でも66%なので、2/3でチャンスゾーンに当選してくれます。

ただし先ほども紹介した通り、いかに1/8192を引けるかの台といったイメージなので、

チャンスゾーンに当選するかもしれないこの恩恵を、美味いと感じるかはかなり個人差がありそうです。

スマスロの朝一は狙い目になる?

スマスロの朝一恩恵を紹介してきましたが、朝一から並んで狙うほどか?

と聞かれるとそこまで「うま味」が無いというのが現状です。4号機時代と違い、その辺りは仕方ないのですが。

設定変更の恩恵があっても、結局1/8192を引かないと勝つのが難しい機種だったり。

天国モードでもチャンスゾーンに入るだけだったり、朝一から積極的に追う事は無いと思います。

しかし、このページで紹介した機種はスマスロを朝一から打つならおすすめの機種ですので、中途半端なゲーム数から打つよりかは朝一の恩恵を生かして打った方がいいでしょう。

なお、個人的にスマスロの中で朝一狙うのであれば「防空少女ラブキューレ2」でしょうか。

ラブキューレ2は朝一BIGの1発勝負ができるので、あまり腰を据えて打たない人には向いていると思います。

他にも天井短縮の恩恵がある台は、投資が少なく済む分気楽に打てるので良いと思います。

スマスロで朝一おすすめの機種まとめ

ここまでスマスロの朝一恩恵について紹介してきました。スマスロでも朝一おすすめの台はあります。

しかし、昔ほどの恩恵は感じられない物が多いので、それほどお得という訳ではありません。

打ちたい台があるなら中途半端なところから打つより、恩恵がある朝一がお得だと思います。

もし休日にスロットを打つのであれば、ちょっと早起きして朝一設定変更狙いをしてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました